セルフジェルネイルブログ〜自分で簡単にサロン仕上げができるコツ

【注意】セルフジェルネイルは危険?安易に施術すると悲惨な末路へ

どうもおはようございます。

 

ゆんです。

 

 

 

 

 

 

今日はセルフジェルネイルの危険性についてお話しますね。

 

セルフジェルネイルで間違った施術をすると、爪がカビたり、血がでたり
爪が薄くなって痛い思いをする羽目になります

 

 

 

 

 

私も最初、何も考えないでセルフジェルネイルをしていましかたら、爪が薄くなって
痛い思いをしたり、人に頼まれて施術した際グリーンネイルを発症させてしまったり
していましたから(´д`ι)

 

そうなると、セルフジェルネイルをする際、不安が生じ、ジェルネイルをしていても楽しくないという感情になってしまいます。

 

せっかく一通り揃えたのに、勿体ないですよね(´д`ι)

 

と言う事で、今回のお題は、セルフジェルネイルで気をつける事を
お伝えしていこうと思います。

 

 

セルフジェルネイル 施術時の注意点

爪の表面を削りすぎないようにする

爪の表面を削りすぎると(サンディングとも言います)、爪が薄くなって
とてもしみるようになり、お風呂入っても、ジェルネイル施術してもとても痛い思いをする羽目になります。

 

 

私も経験済みです。

 

ジェルネイルオフ時に、ジェルネイルと自爪の境目がわからなくなり削りすぎるというのも
初心者の頃にはよくあります。
除去時は、自爪をとにかく削りすぎない事、これを意識してください。

 

 

甘皮処理時は皮膚を気づ付けないようにする

甘皮処理は、ブルークロスで甘皮を柔らかくして、押し上げてから、甘皮ニッパーで
甘皮を切るという感じです。

 

こちらがブルークロスです。

 

メール便のみ送料無料 BLUE CROSSブルークロス キューティクルリムーバー6oz 0079556459143

価格:1,130円

(2017/9/17 08:46時点)
感想(436件)

 

 

私は、小さい容器に移して使用しています。
ハケタイプのボトルが一番塗りやすいですね。

 

 

 

このブルークロスを甘皮に塗り

 

 

 

 

一番右の甘皮ニッパーで甘皮を押し上げて、一番左のニッパーで切っていくんですが、この時に初心者で絶対やってしまう甘皮を切りすぎたりして血が出てしまう場合もあります。

 

皮膚が弱い部分なのですぐ傷ついちゃいます。

 

甘皮を処理する際は、切りすぎないように、押し上げすぎないようにして
優しく施術してあげてください。

 

ジェルネイル除去や、甘皮処理時動画を撮っているので参考にしてみてください。

 

 

 

ちょっと動画は小さいですが、そのうち手の施術時に撮り直します(´д`ι)wすいません。
4分程度で見終わります^^

 

 

先端から剥がれる/浮く

ジェルネイルを施術する際、爪さきまでジェルを塗らないと爪先から剥がれたり、浮く原因にもなります。

 

 

こちらは私の汚ないフット画像です。
これで2ヶ月放置しています。自分のフットで適当に塗っているんですが、爪先(エッジ)にしっかりジェルを塗る事で、先端から剥がれたり浮いたりする事を防ぐ事ができます。

 

 

 

セルフジェルネイルで剥がれる原因は、爪先(エッジ)にジェルを塗っていない事が原因です。
こちらも追々動画を撮っていきますね。

 

 

あと、浮く原因はベースジェルが原因かも??

 

 

 

 

 

 

私のジェルネイルのベースは、グレースガーデンのベースジェルを使用していますが、一度たりとも浮いた事や、剥がれて来た事はありません。

 

詳しくはこの記事を読んでください。

セルフジェルネイル!ジェルはベースが命!オススメベースジェル

 

ジェルネイルって、ジェルの定着を良くするために、サンディング(爪表面を削る事)をしてからベースジェルを塗るんですが、グレースジェルは、サンディング不要でそのまま塗る事も可能なんです。

 

セルフジェルネイルをする際、痛みを気にする人も多いですが、サンディング不要なジェルを使用する事で、爪を削らないので痛みも軽減させる事ができます。

 

 

サロン経営をしているプロのネイリストさんもグレースジェルは使用している人は多いですね。

 

※私はなんとなく少し削ってしまいますが・・・。基本は不要です。

 

 

上記の事を気をつけていないと、浮いてそこから水分が入り

 

 

グリーンネイル

 

になってしまう可能性が高くなります。

 

 

グリーンネイルって一体何??

グリーンネイルとは、緑膿菌が感染してしまって起きる症状
まぁ・・一種の細菌の一種ですね。

 

 

 

 

 

 

 

出典:http://blog.crooz.jp/NAILbySAORI/ShowArticle/?no=219


緑膿菌は、大腸の中や水の中ににいる細菌(カビ)の一種です。

 

私もセルフジェルネイル施術時に、まだ練習不足で浮いたりしてそこから水分が入り込み
グリーンネイルを起こしてしまった事が何度かあります(´д`ι)

 

 

重症になってしまうと、痛みも出て病院へ行く羽目になりますので気をつけなければなりません。

 

こちらはジェルネイルの浮かない練習をしたり、基本的な事をしっかり押さえていれば防ぐ事はできますので大丈夫ですよ!!

 

人に移ったりする事はないので安心してくださいね。

 

稀に人にうつる場合もあるみたいで

  • 免疫力が低下している人
  • 抵抗力の弱い高齢者

にはうつる可能性があるそうです。

 

グリーンネイルの原因/なりやすい人の特徴

グリーンネイルは、ジェルネイルの隙間に水分が入り込み繁殖する菌です。

 

なりやすい人の特徴をまとめました。

 

 

下処理をせずにジェルネイルをする

ベースを塗布する前に、浮きを防ぐプライマーを使用したり、アセトンで水分をとばしたりすると
グリーンネイルを防ぐ事は可能です。

 

 ジェルが浮いているのに放置する

浮くと、そこから水分が入りグリーンネイルが発症する可能性が高くなります。
浮いたらすみやかにジェルネイルを変えたり、除去したりすることでグリーンネイルを防ぐ事ができます

 

 水仕事を良くする人

美容師さんや、介護の仕事(入浴介助)している人はよくグリーンネイルになりやすいです。
これも浮いている箇所から水が入ってしまい細菌繁殖してしまうんですね。

 

浮いていなくても、水仕事が多い人は湿気が多いとグリーンネイルの可能性は高くなってしまうんですね。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか??
今回はセルフジェルネイルで気をつける事をまとめてみました。

 

 

 

 

 

しっかり基礎を押さえていればトラブルは防げますし、楽しくセルフネイルを楽しむ事ができます^^
楽しく学んで、素敵なネイルライフを~^^

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

【閲覧注意】セルフジェルネイルリスク!アレルギー発症した私の指。
セルフネイル歴5年のゆんです! サロンへ行って高いお金を出さなくても サロン級の仕上がりになります! ジェルネイルスタータキットオススメや、やり方公開中